~2014年07月ぶん


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

Twitterでこんな写真が回って来ました。

読みづらい。

このTwitterの投稿者「011」さんは、これを簡体字だといっています。私自身は恥ずかしながら中国語の教養が全くありませんので、辞書を引きインターネットでも調べてみました。すると、「閣」「権」「議」「許」が簡体字で書かれているらしいとわかったのですが、他は日本の漢字、または日本の漢字を基に簡略化した字です。

私が気になったのは、もし中国人が見様見真似の日本語でこの幕を作成したとするならば、ひらがなが上手い。このような自然なバランスのひらがなを書けるのは、日本語をよくできる人ではないだろうかと思うのです。ならば、簡体字を使う理由はどこに。

実は、過去に変体文字として「ゲバ文字」というものがあったそうです。初めて聞きましたが、画像検索すると、見覚えのある特徴的な文字でした。それは、学生運動が盛んだった時代に登場した漢字の簡略法で、ポスターやビラを作る手間を抑え、かつ誰が書いたか特定されぬようになっているのです。

ただし今回の文字は「ゲバ文字」を再現しているともいえないのです。例えば「議」はゲバ文字では「言ギ」です。

ですから、「この幕は妙だ」ってことに尽きるのですが、ゲバ文字が生まれた背景を知って、「作成の手間を考え、違和感無く読める程度に簡略化したつもりなのだろうな。本人達としては。」というあたりで腑に落ちました。

そして、厳密には書き手の国籍なんてわかるはずもないのですが、私の見解としては「ひらがなを上手く書けるんだから、日本に住む人だろう。」というところです。

しかし「6/20 緊急市民アクション」などといった語句で検索を書けても、個人のブログやフェイスブックが見つかるだけで、公式な広報サイトや、活動内容を知るための写真やビデオといった資料が見つかりません。少し時間をかければホームページくらい作れますし、ブログやフェイスブックならなおさら写真とビデオの充実化が簡単です。そんなわけで、いろいろと「もったいないな」と思いました。とはいえ、改善に乗り出すならば、次に作る幕をなんとかするのが第一と思いますけども。

一応、これがコラージュではないことは、別の信頼できる写真を見つけ出して確認しました。
スポンサーサイト
2014-07-01

FC2Ad